ゆとりのロード

ゆとり世代の社会人が主にロードバイクについての記事をかいてます!

ヘルメットの話

どうも。キキでございます。

 

突然ですが皆さんはどんなヘルメットを被っていますか?

 

実は最近ヘルメットを新調したので、今回はヘルメットについて

 

書いていこうかと思います。

 

私はロードに乗り始めてまだ1年未満のビギナーで、

 

カリカリにストイックな乗り方をしていません。

 

むしろ自転車に乗り始めたキッカケが、

 

シュッとした自転車でカフェ乗りつけて

ドヤりたい( ・´ー・`)

 

という不純なものでした。

 

そして人生初のボーナスでクロスバイクを購入し、自転車の魅力にハマり

 

クロス購入から半年後にはラレーを購入するというテンプレのようなステップを

 

今のところ踏んでいます。

 

めでたくスポーツバイクデビューを果たしたわけなのですが、ママチャリから

 

乗り換えると凄まじくスピードが出るんですよね。転ぼうもんなら頭が割れます。

 

そこでヘルメットの購入に踏み切ったのですが、購入の際に重視したポイントは

 

「私服に合うこと!」

 

これが最重要ポイントでした。

 

そこでいろんなサイトを探しまくったわけなのですが、当時街乗り派だった私に

 

刺さりまくったサイトが

 

TOKYO Wheels 

http://www.tokyolife.co.jp/tokyowheels/

 

という自転車をメインとしたセレクトショップのサイトです。

 

http://www.tokyolife.co.jp/upload/news/3863/news_m.jpg

http://www.tokyolife.co.jp/upload/style/tokyowheels-06442/maimg.jpg

 

めっちゃおしゃれやん…と私の琴線に触れまくりなこのショップが推してる

 

街乗りヘルメットが「GIRO」の「ASPECT」というモデルなんです。

http://www.tokyolife.co.jp/upload/style/tokyowheels-05346/maimg.jpg

 

「ヘルメットはケガから身を守るために重要なアイテム。ですが、かぶりたくない人の理由のほとんどが「ダサい」「恰好に合わない」といったもの。
風を切るかのようなロード系ヘルメットもかっこいいですが、カジュアルウェアには違和感を感じたり、どんなにかっこいいスタイルであっても、メットがキノコのようになっていたら一気に台無し。どうせかぶるなら自分のスタイルに合ったヘルメットがいいと、誰もが思っているはず。」

 

はい私です。もうこれは買うしかないと値段をチェックすると

 

2万円オーバー…

 

なくなく諦めました。5万のクロスに2万のヘルメットって…。

 

と今ほど金銭感覚が壊れてないかったので代替案を探すことに。

 

それがこちら

 

f:id:ckiki:20171101224858j:plain

「ABUS」の「Hyban」というヘルメットです。お値段7000円位。

 

GIROほどシュッとしてはいませんが、コロンとした愛嬌のある形で私は好きです。

 

クロスがメインだったころはこいつを被って色んな所に出かけました。

 

そしてラレーがメインになってもしばらく被り続けていたのですが、

 

ここである問題に気がつくのです。

  • 空気が抜けず頭がアツい!
  • サイクルジャージを着ると逆に浮く!
  • 重い!

まず一つ目の問題点として空気が抜けません。

 

結構な強度でロードを漕ぐと体の発熱に対して排熱が追いついていなかったんです。

 

滴り落ちてくる汗対策にサイクルキャップを被っても、頭が熱いのでそれはそれは

 

不快でした。

 

そして2点目。私服に合うこと条件に選んだので仕方ないといえば仕方ないのですが、

 

サイクルジャージを着ると頭のアンバランスさが異様に目立ちます。

 

体がレーシーなのに頭だけ街乗り仕様という…。まぁこの辺は気にしないという

 

強いメンタルがあれば何とかなるでしょうが、形から入るタイプの私としては

 

気になりだすと止まらなくなりました。

 

3点目。重い。最近、やっと自分の好きな自転車の乗り方がわかってきまして、

 

ヒルクライムが好きだということがわかってきました。

 

ヒルクライムをしている最中に疲れてくると、心なしか感覚が鋭くなっていく

 

気がして、頭の重さがとっても気になるようになったんです。

(貧脚なのは触れないでください。)

 

そこで、街乗り用のヘルメットから心機一転!ロードバイク用のヘルメットを

 

購入しました!それがこちら!

 

f:id:ckiki:20171101231325j:plain

「GIRO」の「SAVANT」というヘルメットです!約15,000円くらい。

 

まず被った瞬間に軽さを実感しました。Hybanは約380g、SAVANTは約262gとその差

 

僅か118g程なのですが、体感ではそれ以上に軽く感じます。もう街乗り用を

 

被りたくなくなります。

 

そして涼しい。これは下の画像をみれば明らかです。

f:id:ckiki:20171101231931j:plain

どちらが風が抜けるかは一目瞭然ですよね。ライド後のサイクルキャップの濡れ具合も

 

マシになりました。汗で不快な思いをすることもなくなりました。

 

そしてうれしい誤算が巡行がラクになったということですね。

 

f:id:ckiki:20171101232213j:plain

ロードバイク用のヘルメットというだけあって、ロードバイクのスピードレンジに

 

あわせて設計されているのでしょうか。とても楽ちんです( ˘ω˘ )

 

そしていかにも「ロードバイク乗り」といった形がかっこいいです。

 

流線形がダサいと思っていた私はもういません。

 

なんなら、機能美にあふれたデザインがカッコいいと思っています。

 

「いかにも」なヘルメットが嫌だという方は食わず嫌いをせず一度試してほしいです。

 

世界が変わります。まじで。

 

それではノシ

 

 

 

 

 

 

 

ラレーCRF(カールトンF)の印象(レビュー的なやつ)

どうも。キキでございます。

 

今回は私のバイクであるCRFの印象をつらつらと書いていこうと思います。

 

私自身、購入前にラレーのレビュー記事をググりまくったのですが

 

悲しいかなマイナーなポジションのCRFは記事が少ないんですよね…。

(被りにくいからこれからもマイナーであってほしい)

 

そこで!半年近く乗ってみての印象を紹介しようと思います。

 

情報は少しでも多い方がいいですしね(^^)

 

あくまでも初心者のレビューですので「ああ、そうなんだ」位に

 

読んでいただければと思います。

 

比較対象のバイクはもう一台の愛車クロスバイク「トレック7.2FX」と

f:id:ckiki:20171022185057j:plain

友人のビアンキ「VIA NIRONE 7 PRO」です。

f:id:ckiki:20171022185123j:plain

(ちなみにこのニローネはホイールがフルクラム レーシング3、タイヤはコンチネンタル4000S2へ交換済み)

 

トレック、ビアンキ共に素材はアルミですのでアルミバイクとの比較になります。

 

まず、トレックと友人のニローネに乗ってすぐに感じたのは

 

「アルミ硬ってぇ…」

 

これに尽きます。CRF、乗り心地いいですよ。

 

トレックのクロスバイクは標準で35C、クッションが多めのサドルが使用されていて、

 

快適な乗り心地になるようなパーツ構成になっているようですが、

 

25Cのタイヤ(標準装備のパナレーサークローザー+)を履かせたCRFの方が

 

はるかに乗り心地がいいです。これはクロモリの柔らかさとカーボンフォークの

 

振動吸収性の良さが表れているのかなと思います。

 

また、ニローネはCRFに比べて路面の凸凹をよく拾いますね。

 

同じ衝撃でもCRFはオブラートに一枚包んで衝撃を伝えるというか

 

角が取れた感じで伝わってきます。私の場合、レーパンを履かなくても

 

50キロ位ならお尻に痛みはありませんでした。

 

ただ、急加速をした場合、力が100%推進力に変換されないようにも感じます。

 

急加速の際、ニローネは「クンッ!クンッ!クンッ!」

 

小気味よく速度を上げていくのに対して

 

CRFは「ヌメ~ヌメ~ヌメ~」(我ながら酷い例え)

 

踏む→タメ→加速と一拍遅れて速度を上げてく感覚ですね。

 

私の感覚よりいつの間にかスピードが出てることがよくあります。

 

走りは明らかにニローネが軽快でした。

 

 

ただ、このヌメ~とした走行感覚がよく言われている

 

クロモリ特有の滑らかさ=快適さに繋がっているのかなと解釈しています。

 

先人たちの貴重なCRFのレビューの中で「ロングライド向け」という

 

評価はこの特性に起因しているのでしょう。

 

ただ、友人のニローネはホイールとタイヤをカスタムしており、実際カスタム前と

 

比較して「走りが軽くなった」というように完組みホイールと高性能タイヤ、

 

手組ホイール+標準タイヤの組み合わせでは走りの軽快感は大きく変わるでしょう。

 

この辺りは足廻りのカスタム次第で大きく変わると思うので、足廻りのカスタムを

 

行った際にまたつらつらと印象を書き綴ろうかと思います。

 

こうやって初心者は底の見えない沼にハマっていくんですね…。

 

なんだか他の方のCRFと似たようなレビューになりましたが…(;^ω^)

 

CRFを検討されている方のお役に少しでも立てればと思います!

 

それではまたノシ

 

 

 

 

 

 

 

 

愛車紹介

どうも。

 

キキでございます。

 

今回は私が乗ってるロードバイクを紹介したいと思います。

 

f:id:ckiki:20171021175913j:plain

 

ラレー CRF(カールトンF) 

クラブグリーン

(見切れてるのはご愛嬌)

 

いわゆるクロモリロードバイク(正確にはCRFはクロモリでは無い)ってやつですね。

 

お値段は約15万円程度でした。

 

CRFを選んだ理由の一つに、ホリゾンタルフレームということが挙げられます。

 

このシュッとしたフォルムに一目ぼれしちゃいました。

 

購入前に色々情報を収集したんですよ。一応。

 

その中で候補に挙がったのは

 

f:id:ckiki:20171021181853j:plain

 

http://www.japan.bianchi.comより画像お借りしました。
www.japan.bianchi.com

おしゃれロードといえばビアンキ。もう鉄板ですね。

 

街を颯爽と駆け抜けていくチェレステのロードはやはりかっこいい。

 

そのビアンキのインテンソ・ティアグラスペックか

f:id:ckiki:20171021183015j:plain

http://www.specialized-onlinestore.jpより画像お借りしました。

 

スペシャライズド アレーDSW SLスプリントコンプ(名前長い…)

 

を検討してました。なんならアレーを買う気満々でした。

 

そしていざ店頭へ実写を確認しに行くと、そこにラレーがいたんですよね。

 

もう完全に心が持っていかれました。

 

ビアンキスペシャは良くも悪くもガチ感があったんですよね(初心者の視点)。

 

いかにも速そうだけど、そんなにカリカリに走るわけでもないし…。

 

それにCRFのスペックも悪くない(コンポはフル105、8.9Kgとクロモリにしては軽量)

 

なによりクラブグリーンがもう渋くて琴線に触れまくったんです。

f:id:ckiki:20171021184646j:plain

 

黒かと思いきやよく見るとグリーン。この渋さにやられました。

 

気づいたらいつの間にか買ってました(笑)

 

とまあ、簡単ではありますがこれが私の愛車ラレーCRFになります。

 

買ったばかりなので大きなカスタムはしてないです。

 

せいぜいブラケットカバーをSHMANO純正からSHAKESへ、

 

f:id:ckiki:20171021185349j:plain

 

バーテープをスパカズスーパースティッキークッシュ ギャラクシーへ、

f:id:ckiki:20171021185500j:plain

 

ステムキャップをフィルウッドへ交換したぐらいです。

f:id:ckiki:20171021185651j:plain

 

ざっとこんなもんですね。

 

まだまだカスタムしたいところは山ほどありますが、純正の状態を楽しみながら

 

カスタムしていこうと思います( ˘ω˘ )

 

それではまたノシ

 

 

 

 

 

 

はじめまして

はじめまして。キキと申します。

 

ゆとり世代の社会人です。

 

最近始めた趣味のロードバイクについてゆるく

 

書き綴っていこうかとおもいます。

 

よろしくお願いいたします~。